腫瘍科

秩序だった細胞分裂を繰り返している体細胞が、遺伝子変異などにより無秩序に増殖してしまう状態を腫瘍化といいます。腫瘍性の疾患の中で、主に生体に悪い影響を与えるものを悪性腫瘍、いわゆる広い意味での「がん」と呼びます。

近年、予防医学や、飼育環境により、ペットが長生きできるようになってきました。それは非常に喜ばしいことですが、ペットの高齢化に伴い、人間と同様に腫瘍性疾患が増加しています。ある報告では現在、犬の死亡理由の約半数、猫の3分の1が、「がん」によるものであると言われています。

当院では、この「がん」に対しての診断・治療に力を入れています。
ただし、この「がん」に対する診断・治療には、診療の質は本より、動物自身の体力や気力、家族(飼い主様)の理解・協力がとても重要となってきます。

ネクスト動物病院‐患者‐家族が協力し、「がん」の病態を把握し、三位一体となって「がん」と闘い、時にうまく付き合っていきましょう。

このページでは、「がん」診療に関する、以下の項目をご説明します。
・診断  
・インフォーム  
・治療

診断

がんの症状は多岐にわたります。明らかに目に見える皮膚腫瘍や乳腺腫瘍、元気や食欲がなくなるなどの非特異的な症状や、何ら症状を示していないものまで様々です。いずれにせよ、現在の患者の状態や腫瘍の状態を知るために、あるいは隠れている腫瘍性病変を検出するために様々な検査を必要に応じて行います。

問診、視診、聴診、触診

・血液検査:一部の特殊検査を除き、院内で実施可能です。
・画像診断


X線検査

X線を照射して撮影する検査です。基本的な検査で各臓器の大まかな大きさや位置関係を把握できます。特に肺に発生する腫瘍や転移巣の検出、胸水、腹水の検出に優れています。


超音波検査

心臓や腹部臓器の細かい病変を観察することが出来ます。
腫瘍の場所や形、血流の有無を調べ、時には超音波をみながら腫瘍に針を刺して細胞を調べることも可能です。


内視鏡検査

いわゆる「胃カメラ」で、食道、胃、十二指腸、大腸の粘膜の様子を観察する検査です。必要に応じて見つかった病変から切除や生検を行うことも可能です。動物では全身麻酔が必要です。


CT検査・MRI検査
上記の検査で、診断がつかない場合や、より詳細なる検査が必要と判断した場合には、提携している動物病院で検査が実施可能です。


生検

細胞診だけでは不十分な場合に、腫瘤に太い針や生検パンチ、あるいはメスなどで一部を切り取って病理組織検査を行います。細胞診よりも正確なことが多いですが、多くは鎮静、あるいは全身麻酔が必要です。


インフォーム

行った検査結果をもとに、オーナー様に以下の事についてご説明を行います。
・患者の状態、疑われる病態
・選択肢の提示
・必要に応じて追加検査の実施
・治療の目的(予防、緩和、根治)
・治療によって期待できる効果とリスク、予後

治療

腫瘍治療としては外科手術、化学療法、放射線治療の3つが大きな選択肢となります。
それぞれ、利点、欠点や腫瘍の種類により適応が異なりますので、それらをご説明した上で単独、あるいはこれらを組み合わせて治療方針を決定していきます。

<それぞれのメリット、デメリット>

メリット デメリット
外科手術 病変を1回で物理的に除去することが可能 全身麻酔が必要
外貌の変化、美容上の問題
手術に伴う痛み
化学療法 全身麻酔の必要がない
検査で検出できない微小転移巣にも効果がある
副作用が出ることがある
固形がんへの効果は低い
放射線治療 外貌の変化が少ない
急性の放射線障害が少なければ痛みは少ない
全身麻酔を複数回行うことが多い
放射線障害が出ることがある
一般的に高額

当院で対応可能な「がん」

・肺腫瘍 ・胸腺腫 ・肝臓腫瘍 ・腎臓腫瘍 ・脾臓腫瘍 ・膀胱腫瘍 ・骨腫瘍 
・口腔内腫瘍 ・甲状腺腫瘍 ・胃腫瘍 ・腸腫瘍・リンパ腫 ・白血病 ・肥満細胞腫 
・乳腺腫瘍 など

セカンドオピニオンにも対応しておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください