腫瘍科

秩序だった細胞分裂を繰り返している体細胞が、遺伝子変異などにより無秩序に増殖してしまう状態を腫瘍化といいます。腫瘍性の疾患の中で、主に生体に悪い影響を与えるものを悪性腫瘍、いわゆる広い意味での「がん」と呼びます。
近年、予防医学や、飼育環境により、ペットが長生きできるようになってきました。それは非常に喜ばしいことですが、ペットの高齢化に伴い、人間と同様に腫瘍性疾患が増加しています。ある報告では現在、犬の死亡理由の約半数、猫の3分の1が、「がん」によるものであると言われています。
当院では、この「がん」に対しての診断・治療に力を入れています。

特に腫瘍外科に関しては、外科認定医が在籍しており、積極的な根治手術により多くの実績をあげています。
また、抗がん剤をオーダーメードに調整し、副作用が少なく、効果のある抗がん剤治療を実践しています。
ただし、外科も出来ない、抗がん剤も効かない癌も存在します。 その場合には、大阪府立大学での放射線治療や当院での再生医療を提案いたします。

残念ながら、治療による回復が困難になった場合には、動物・飼い主様に寄り添った、ターミナルケア(終末期医療)をお手伝いさせていただきます。

この「がん」に対する診断・治療には、診療の質はもとより、動物自身の体力や気力、家族(飼い主様)の理解・協力がとても重要となってきます。

ネクスト動物医療センター‐患者‐家族が協力し、「がん」の病態を把握し、三位一体となって「がん」と闘い、時にうまく付き合っていきましょう。

当院での治療実績
脳腫瘍・眼内腫瘍・眼窩腫瘍・鼻腔内腫瘍・顎骨腫瘍・歯肉腫瘍・舌腫瘍・唾液腺腫瘍・肺腫瘍・気管腫瘍・胸腺腫・肋骨腫瘍・肝臓腫瘍・腎臓腫瘍・脾臓腫瘍・膀胱腫瘍・副腎腫瘍・骨腫瘍 ・甲状腺腫瘍・上皮小体腫瘍・胃腫瘍・腸腫瘍・リンパ腫 ・白血病・皮膚腫瘍・乳腺腫瘍・生殖器腫瘍
などすべての腫瘍に対応可能。

セカンドオピニオンにも対応しておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

治療例

腹腔内腫瘍

肝臓、脾臓、腎臓、膀胱、腸、胃、副腎などすべての手術に対応可能です。
超音波メス、電気メス、手術用顕微鏡などを使用し、より正確で短時間の手術が可能となりました。

症例

胸腔内腫瘍

腹腔内の疾患に比べ、難易度の高い手術になりますが、紹介症例も含め多くの実績がございます。

症例:胸腺腫
症例:胸壁(肋骨)の腫瘍

内分泌腫瘍(甲状腺・上皮小体・膵臓・副腎)

手術のテクニックはもちろんですが、術前・術後の内科治療および術中の麻酔管理が重要となります。当院が得意としている分野です。

症例:甲状腺腫瘍
症例:上皮小体腫瘍

一般外科(軟部外科)

整形・腫瘍・呼吸器・泌尿器・眼科以外の外科を指します。

去勢・避妊手術をはじめ、異物を取るための胃切開/腸切開・胆嚢摘出・会陰ヘルニアなど、日常的によくある手術から、門脈体循環シャント手術・乳び胸手術など高度なものまで多岐に渡ります。

外科認定医である院長指導の下、丁寧な手術で早期の回復・退院を実践しております。

再生治療

獣医療においては、まだまだ未知の分野であり、現状では、標準治療には成り得ませんが、標準治療で対応できなかった疾患や標準治療のサポートとして、一定の効果をあげています。

再生医療とは

再生医療は、本人から採取した細胞を体の外で増やし、生理活性物質や細胞が増えるための足場を加えることで、目的に合った細胞に変化(分化といいます)させた後に、本人に移植することが基本になります。これまで治療法が存在しなかった病気などに対する新しい治療法として注目され、世界中で研究が行われています。ヒト医療においては、厚生労働省の先進医療に認定されており、すでに大学病院や医療機関などの臨床現場において利用が始まっている治療方法でもあります。

当院では以下の療法を実施しています。

・幹細胞療法  ➡ 椎間板ヘルニアなどの脊髄障害、免疫介在性疾患、骨折癒合不全に対して

・樹状細胞療法 ➡ 癌治療

・活性化リンパ球療法 ➡ 癌治療 免疫力の向上

・NK細胞療法 ➡ 癌治療

幹細胞療法
樹状細胞‐活性化リンパ球療法